goo

未解決

【短編】1分でわかる未解決事件,坂出タケノコ掘り女児行方不明事件

日本で起きた謎が多すぎる事件

坂出タケノコ掘り女児行方不明事件


2005年に香川県坂出市の竹林でタケノコ掘りのイベントに参加していた、当時5歳の大西有紀ちゃんが行方不明になる事件が発生しました。
有紀ちゃんは母親と小学三年生の姉と共に参加していたのですが、午後1時ごろ「もう一本取ってくる」と、家族に言い残し竹林に入っていったまま帰ってくることがなかったため、イベント参加者とともに捜索活動が行われたのですが、見つかることはなかったそうです。
そのため午後3時ごろ香川県警に連絡を入れると、地元の消防団も捜索に参加し、竹林の中にある池の水を抜くといった本格的な捜査が開始されます。

しかし、有紀ちゃんが見つかることはなかったため、連日100人から多いときには200人近い警察関係者が動員され、竹林だけではなく、周囲の山林まで捜索範囲が及んだにもかかわらず、手掛かりはおろか、遺留品すら一つも見つからなかったそうです。
また、警察官を4匹も投入し捜索が行われた際には、すべての警察犬が「同じ場所で止まる」という不可解な行動を起こしたため、誘拐事件ではないか?との見方が強まりましたが、事件現場は車両が進入できるスペースは存在しない山間部のため、現在では「誘拐説」に対して否定的な意見が強まっています。
それに加え、警察犬は靴と地面が擦れ合った際に発生する『摩擦臭』と呼ばれるものを嗅ぎ分けて対象を追うのですが、仮に犯人が有紀ちゃんを担ぎ上げ連れ去ったとした場合、今度は地面に残された犯人の摩擦臭を追跡するため、1匹だけならまだしも、4匹すべてが追跡をやめ同じ場所で留まるということはありえないとされており、その地点からヘリコプターでも使って上空に連れ去られない限り考えられない行動です。

そのため最近では事件現場付近の山間部に住む大型の猛禽類のワシに連れ去られたではないか?という現実味のない説も囁かれているのですが、実際ワシは自分より大柄なヤギなどの動物を掴んで飛ぶこともあり、しかも事件当日の有紀ちゃんの体重は15キロほどしかなかったため、ありえなくはない説らしいとのことです。

【短編】1分でわかる未解決事件,岡山地底湖行方不明事件

​岡山地底湖行方不明事件


​岡山地底湖行方不明事件とは、2008年に起きた日本の未解決事件です。

高知県のとある大学の洞窟探検サークルに所属する男子大学生が、サークル活動中に岡山県の洞窟内にある地底湖で行方不明になるという事件が起きました。

サークルメンバーからの通報で事件が発覚し、懸命な捜査が行われましたが、男子大学生は見つかりませんでした。
ここまでだとただの事故だと思えるのですが、その後の関係者の行動が非常に不可解​だというのです。
というのも、男子大学生が行方不明になった洞窟は国の天然記念物に指定されており、市に入洞届けを出さなければ入れない場所なのですが、彼らはその届け出を出していませんでした。
しかも、洞窟には5人で行ったにもかかわらず、地底湖で泳いだのは被害者である男子大学生一人​だけ。
加えて男子大学生が溺れている姿を目撃した者はおらず、行方がわからなくなったというのにもかかわらず誰も現場に残りませんでした。
また、現場に居合わせた学生らの証言が媒体によって異なっているなど、他にも探せば探すだけ矛盾点が出てくるので、この事件の胡散臭さから当時ネット上で話題になりました。
真相は現在までわかっておらず、非常に闇の深い事件​だと言われています。


【1分でわかる未解決事件】未だ犯人が捕まっていない世界の犯罪史上まれにみる凶悪殺人事件

ゾディアック事件

アメリカで発生した連続殺人事件であり、現在も継続捜査中の未解決事件になります。
事件名にもなっている「ゾディアック」とは、もともと英語で「黄道帯」を意味する言葉なのですが、犯人が声明文の中で、「私はゾディアックだ」と発したことが由来となっています。
そのためマスコミなどで、「劇場型犯罪」として取り上げられ、1968年から1974年にかけてカリフォルニア州で若いカップルを中心に確認されただけでも、5名が拳銃で殺害されました。
また、「劇場型犯罪」と言われるだけあって、警察署やマスコミに犯人しか知りえないような情報を流していたとされており、実際に犯人に指示された場所に警察が駆けつけてみると、被害者の遺体を見つけたこともありました。
また殺害したタクシードライバーの血がついたTシャツを新聞社に送るなどの不気味な行動も多く、犯人はテレビ局に電話取材を持ちかけることもありました。
ちなみに犯人は
「今までに37人を殺害した。
大々的に取り上げなければもっと大きな事件を起こす」
というなかば脅迫的な内容の手紙を新聞社に送っています。
ですが、この手紙を最後にゾディアック関連と思われる殺人事件は起きなくなります。

こういった理由から、彼は多くの人に注目されることで快感を得る異常殺人者なのではないかと言われています。

【短編】1分でわかる未解決事件,マレーシア航空370便墜落事故

マレーシア航空370便墜落事故


2014年3月8日マレーシアのクアラルンプールと中国の北京を結ぶ定期旅客便である、マレーシア航空370便がインド洋周辺海域で消息を絶ってしまう。
この事故が発覚したことにより、マレーシア政府はイギリス、ベトナムと協力し、370便の捜索を開始するのですが、結局370便の手がかりとなるような物を一つも見つけられず、その消息は不明のままでした。
その後、約2週間後の3月24日にマレーシア政府は370便を墜落認定し、「本機に搭乗していた239名は全員死亡した」との発表をしました。

また、事故の翌年である2015年7月29日、370便のものと思われる機体の一部の残骸が発見されたため、大規模な海底調査が行われました。
ですが、事故の原因究明につながるフライトレコーダーやブラックボックス、乗客や乗務員の遺体すら見つけることはできませんでした。
そして、370便の事故調査は、2017年1月に打ち切られてしまいます。

そんなマレーシア航空370便墜落事故の不審な点をいくつか考察していきたいと思います。
不審点①

"マレーシア政府が行った370便の乗員乗客の死亡認定の速さ"

死亡認定まで事故から2週間ちょっとしか経っていないうえに、死亡認定の段階では、まだ機体の残骸は見つかっておらず、このマレーシア政府の早すぎる結論に不信感を抱く人が多く現れ、中国では遺族らによる大々的なデモがマレーシア大使館の前で行われるほどでした。

そのことを踏まえるとまるでマレーシア政府が何かを隠すために事故を迅速に収束させようとしているかのようにも思えます。

不審点②

"インド洋周辺海域で見つかった機体の残骸"

現在までに370便のものと思われる機体の残骸が多数、インド洋の周辺海域から見つかっているのですが、これらの残骸を370便の物と断定することは出来ていないそうです。
しかも、機体の大部分は未だに行方不明なため、370便が最後にレーダーで確認された、南シナ海を本当の墜落地点だと考える人も少なくないのですが、不自然なことに南シナ海での捜索は早々に打ち切られているのです。

不審点③
"370便が抱えていた問題"

実は370便は事故を起こす半年前、上海の空港で、他の旅客機との接触事故により、翼を破損するという事故を起こしています。
事故後に翼は修理され370便は運行を再開したのですが、もしこの修理が不完全な状態だったら、370便の事故は私たちが想像するよりも闇が深いかもしれません…
陰謀説と考察
370便の事故の陰謀論については、パイロット自身がハイジャックした説、ロスチャイルド陰謀説、エイリアンがハイジャックした説、消えた航空機が月で発見された説、また、今年に入ってからは、某国資産家による暗殺説など、様々ありますが、結局のところ真相は闇の中です。


【短編】1分でわかる未解決事件,ディアトロフ峠事件

ディアトロフ峠事件

5005

ディアトロフ峠事件は1959年にソビエト連邦、現在のロシアで発生した世界的にも有名な未解決事件になります。
この事件は雪山でスノートレッキングを楽しんでいた若者9人が死んでしまうという、痛ましい事件なのですが、その直接的な死因に不審な点が数多く存在するというのです。
というのも、現場に残されていたテントがなぜか内側から破られており、そして発見された遺体の中には、舌や眼球が欠損したものや、放射能に被曝した者がいたのです。
テント内で一体何があったのか?
そして当時のソ連政府は、自然現象では説明がつかないことが起きているにもかかわらず、雪崩での事故死と結論づけ、捜査もたったの4週間で打ち切られてしまいました。
そのため、事件の原因は60年以上たった今でも判明しておらず、そういった経緯から、様々な憶測や陰謀論が生まれました。
なかでも、もっとも有力視されてるのが、軍が事件に関与していたもの。
陰謀論としてはありきたりな説なのですが、かつて事件現場付近では、ミサイル実験が極秘で行われており、当日にも奇妙な光が目撃されているそうです。
また、後に遺品を回収しに行った者が、軍用のブーツを見つけたなんて話もあります。
あとは、「雪男に襲われた」なんて説もあるそうです。
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク
お問い合わせ