goo

【闇の深い未解決事件】リードマスク事件

リードマスク事件

1966年8月20日、ブラジルの都市リオデジャネイロの郊外で凧揚げをしていた青年が2名の男性の遺体を発見するという事件が発生しているのですが、他殺なのか自殺なのかすら特定することができていません。
というのも遺体となって発見された男性らはここ数日雨が降っていなかったにもかかわらず、なぜかレインコートを手に持っていた上に、鉛で出来た仮面を顔に着用していたというのです。
そのためこの事件は、リード(鉛)マスク(仮面)事件と呼ばれることになり、現地警察により遺体発見現場周辺の本格的な捜査が開始されるのですが、現場には争った形跡や第三者の犯行を裏付けるような物的証拠は見つかりませんでした。
その上遺体からは、「指定された場所に着いた。これからカプセルを摂取し、マスクの反応を見る」と言った内容が記された手帳が見つかったため、更に捜査は難航します。
そして、犠牲者らの身元を特定することに成功した警察は彼らの家族や友人に聞き込み捜査を行うのですが、結果的に「善良な市民だった」ということがわかるだけでした。

こうして不可解で謎すぎる要素がいくつも存在するにも関わらず、この事件の犠牲者の2名は、体内から毒物が検出されなかったため、最終的に心不全により死亡したということで結論付けられることにより捜査も打ち切られることになります。
このように未だに多くの謎が残されたままになっているリードマスク事件は世界中で様々な憶測を呼ぶこととなり、中には宇宙人やカルト教団の仕業と考える人もいるとのことです。

この世で最も汚染された場所【ジェルジンスク】

ジェルジンスク

ジェルジンスクはロシアの首都モスクワから東に420キロほど進んだところにある街で、多くの化学薬品工場が立ち並んでいます。
そんなジェルジンスクは冷戦時代に化学兵器の製造拠点になった場所であり、当時の人々はサリンや猛毒のガスを生成する際に生まれた30トンを超える大量の廃棄物をそのまま川に放流したり、ドラム缶に詰めて放置していたそうです。

このような背景からこの町の水、土壌、大気には190種類を超える危険な化学物質が含まれており、現在のジェルジンスクは、死亡率が出生率を260%上回る、平均寿命は45歳と世界一短い、周辺に住む野生動物が化学物質の影響で数を減らしつつある、など文字通り致命的な問題を抱え、世界一有害物質による汚染が深刻な地域としてギネスに登録されています。
そしてこの惨状に対しロシア政府は、汚染された地域をひたすら埋め立てるという方法で改善を目指しているものの、あまり効果はなく更に予算の問題から埋め立てもあまり進んでないそうです。
ちなみにこの地域では薬品の影響を受けたと思われる、毛が真っ青に染まった野犬や
IMG_1095
通常ではあり得ない数の花びらをつけた花が確認されているそうです。

【1分でわかる未解決事件】セイリッシュ海、足首大量漂着事件

1分でわかる未解決事件

セイリッシュ海、足首大量漂着事件!

この事件は、アメリカとカナダの国境に位置する海で、現在進行形で発生している未解決事件です。
2007年以降この海岸では、身元や死因の分からない人間の足などが、11本も発見されており、しかも、見つかった足のほとんどは右足で、対になる左足は確認されていません。
また、足以外の遺体が見つかっていないため、説明不能の怪事件とされており、一説では、ボートや船の水難事故や飛行機の墜落事故による死者のものだと言われています。
なかには、犯罪に巻き込まれた人の足だとする意見もありますが、道具を使用した形跡がないため捜査は難航しているそうです。
また、最近では、2本の足は自殺した人のものだと判明したそうです。
そして、足だけが海岸に流れ着く理由ですが、死後、体が腐敗した際に、比較的脆い足首は分離しやすいためだとされてます。

【驚愕!】実在した裏バイト8選

実在した裏バイト8選!

1.空を眺めるバイト


内容はアドバルーンが飛ばされないように監視するバイト。
日給はだいたい1万〜1万2000円
これは普通に募集されているそうです。

2.座るバイト

内容は、座ってるだけ。
条件は、80歳以上の元気のない方。
時給1000円+昼寝


なんだこれw

3.道端に軍手を落とす仕事

内容は、道端に軍手を落とす仕事。
メッセージとして、
初めてでも安心!軍手費無料!一緒に軍手を落としましょう!とあります。
時給3000円〜3500円
この仕事内容の真相としては、軍手の中にミントの種が入っており、全国にミントを広めるという謎の活動をしている団体が募集しているのではないかという噂がありますが、詳細は謎です。
また、派生系としてリモコンを隠す裏バイト、海水浴場に、イチジク浣腸を落とす裏バイトなどもあるようです。


4.僧侶

内容は、お経を読むだけ。
条件は修行に耐えうる方。
バイト代は、完全出来高性。


5.魔法使い


内容は、1日2回の簡単なマジックショー
条件は、巨大水槽の中から瞬間移動できるレベルの方。
バイト代は時給1200円。
これは簡単なマジックショーの割に条件厳しすぎな気がしますよね。


6.狩人

内容は、イノシシ狩り。
バイト代は、1頭8000円+イノシシ
これも本当に自治体からお金がもらえるそうです。


7.ビデオ出演

30分で五万!

8.結婚式代理

内容は、結婚式に友人のフリして出席して、新郎と新婦の友人のバランスをとる仕事、必要に応じて、受付や写真撮影、スピーチなどもあるそうです。
バイト代は、日当10000円から1万5000円+おいしい食事+引き出物+結婚式の思い出


はい!という事で色々なバイトを紹介してきたわけですが、みなさんは興味のあるバイトはありましたか?

米津玄師ハチ時代の闇深曲考察「雨降る街にて風船は悪魔と踊る」

米津玄師ハチ時代の闇深曲

「雨降る街にて風船は悪魔と踊る」


この曲は米津玄師がハチ名義制作された7作目の作品であり、むしゃくしゃして1日で作られた曲としても知られています。
歌詞や曲調、PVなどどれをとっても恐怖心をかき立てられる内容となっており、歌詞の内容というと、流産によって子供を産めなくなってしまった母親が精神的に壊れていく様子を表しているものだとされています。

それでは早速この歌詞について解釈していこうと思います。

歌詞
   「泣いた血清
良性ふわふわり
     風船とんでる」
解釈

まず、「泣いた血清」という表現に関しては、妊娠時に血清が良性だったため、これから無事に子供が産まれてくることを確信し、母親が歓喜の涙を流している様子を表現していると考えられます。
そして次に「ふわすわり風船とんでる」ですが、うかれていてふわふわとしてる感情を表しており、またこの風船とはつわりのために使用した病室のベットの横にある、点滴パックを表しているのかも知れません。

歌詞
    「明日はホラ晴天
         ゆらゆらり
           みて!ここに」
解釈

ここに関しては「明日はホラ晴天」という表現からわかるように未来に希望を抱いており、これは、無事に子供を授かることのできる母親が、これから子供とともに明るい人生を歩んでいくという希望を抱いている様子を例えているようです。

歌詞
    「雨が降る街に
     悪魔の声が
       ランバラ
     おとしもの
       探している」

解釈

先程の歌詞では「晴天」という言葉が使われていたのに対して、今度は「雨」という言葉が用いられています。
どうやらこの曲は天候によって場面の変化を表現しているようです。
そして、ここでいう「悪魔」とは母親をこれから襲う不幸という意味で、その不幸とは子供を流産してしまうことです。
この事をにおわせてるのは、歌詞にある「落とし物探している」です。
ここでいう「おとしもの」とは本来産まれてくるはずだった子供を表しているのではないでしょうか。

歌詞
    「虐げた様な
       気になる程の
      針の跡
     綺麗 ほら風船
       くらくらり
         みてきれい」
解釈

ここに出てくる「針の跡」は流産の手術によって、または流産によって精神が崩壊したことによる、薬物の使用によって身体に刺した注射器などの跡を指していると考えられます。
また、先程の歌詞にも登場した「風船」に関するフレーズですが、先程は「ふわふわり」だったのに対し、今回は「くらくらり」になっており、これは精神的に追い詰められた母親がくたびれてしまい意識がもうろうとしている現れてなのかも知れません。

そして最後の歌詞です

    「雨宿り花屋
       店の主人が
         ランバラいなくなる
       「さあ何処に隠れた?」
         君の寝息が
       ロウジラ気づかない
     雨降る街に悪魔の
       声がランバラ
         おとしもの探している」
     かすかに鳴るのは
       君の寝息さ
     ロウジラ気づかれた」
解釈
まずは、流産によって子供を授かれなかった母親が、これから子供を授かるであろう妊婦たちが妬ましくなり、殺そうと決めます。
そしてターゲットにされた妊婦の主人がまず殺されてしまい、その様子を見た妊婦はベッドにすぐさま隠れますが、最終的に吐息の音で気づかれてしまい、殺害されてしまいます。
また、先程の歌詞にも登場した「悪魔」という言葉ですが、先程の「悪魔」は母親を襲う不運であったのですが、今回の「悪魔」は殺されてしまった妊婦を襲う不幸、つまり妊婦を殺害した母親の事を指し、不幸という名の悪魔に襲われた母親自らが最終的に悪魔になってしまったというオチになっています。
というように恐ろしい内容の作品ですが、実はこの曲は、現在発売されているどのCDにも収録されておらず、また、この曲の内容はPVの挿し絵を見る事でより世界観を感じることができると思います。






タグ絞り込み検索
スポンサードリンク
お問い合わせ