goo

【ダークウェブよりもさらに深淵】マリアナウェブに存在するとされるもの

マリアナウェブに存在するとされるもの

インターネットの第一階層、Google、Yahooといった人気の検索エンジンで普通にヒットするサイト、サーフェスウェブ
第二階層、学術データベースなど通常の検索ではヒットしないディープウェブ
第三階層、回線秘匿化ソフト『tor』が必要な真の無法地帯、ダークウェブ
そして、第四階層、ダークウェブのさらに奥、インターネットの最下層であり一切の光も差し込まない暗黒の地それが

『マリアナウェブ』FullSizeRender

そこに到達するにはかなり高度なコンピュータが必要であり、何があるのか、それ以前に本当に実在するのか定かではないが、そこには重要な何かがあるとされています。
また、マリワナウェブという名前の由来は地球で最も深い海溝であるマリアナ海溝から付けられています。
そこには人類史上あらゆる謎の答えが詰まっていると言われており、具体的に何があるのかは様々な噂があります。

噂1「スーパーAI」

人工知能を持ったスーパーコンピューターというものが実はすでに存在していて、マリワナウェブから全体を支配しているという説
すでにAIによる人類支配は完了されており、我々が気づいていないだけでAIによる完全監視社会は完了しているのかもしれません。

噂2「核制御システム」

ロシアにはデスハンドというシステムがあると言われています。
デスハンドとは核攻撃でロシア政府が壊滅した場合に自動的に敵国に対して核攻撃による報復攻撃を行うというシステム。このシステムがマリワナウェブに存在しているという説

噂3「ニューワールドオーダー」

世界政府のタワーエリートをトップとする地球レベルでの政治、経済、金融、社会政策の統一、究極的には末端の個人レベルでの思想や行動の統制を目的とする管理社会の実現をするもの。
そのコミュニティがマリワナウェブに存在するのではないかとする説。

他にも不老不死や万能薬の研究データ、過去の人体実験、人類の起源などについてもデータが保管されているとも言われています。
そしてマリワナウェブのアクセス方法については0と1の集合体である従来のコンピューターの概念を超えた「量子コンピューター」によってのみアクセス可能だとも言われています。

もしかするとそれを手に入れれば世界をひっくり返すことも可能かもしれません。

【驚愕!洒落にならない話】人を狂わせる部屋

【絶対に入ってはいけない部屋がある⁉︎】


それは人を狂わせる恐ろしい部屋が舞台の入ってはいけない部屋という話です。


田舎で暮らす僕の家には子供の頃から、「絶対に入るな」と言われていた部屋がありました。
ですがそんなことを言われると、逆に好奇心が湧いてくるのが人間です。
「僕」はある日こっそりとその部屋に忍び込んでみることにしました。
しかし、いざ入ってみるとその部屋はなんの変哲もない普通の部屋でした。
ガッカリした僕は何気なく部屋にあったタンスを開けてみると、中にはひな人形を小さくしたような不気味な和風の人形が1体だけ入っており、僕は心の奥底からジワジワと怖さが湧いてくるのがわかりました。

それからしばらくして、僕は部屋に入ったことを秘密にしたまま、祖母に部屋のことを尋ねてみると、こんな話を聞かせてくれました。

入ってはいけない部屋は30年以上前に家を増築した際、庭を潰して作られた部屋で、「僕」の叔母さんが使っていた部屋でした。
しかし叔母さんがその部屋を利用するようになってから、夜中に消したはずの電気が点き枕元に女の子が笑顔で座っているという怪現象に見舞われるようになったそうです。
叔母さんは最初のうちは、「みんなに気味の悪い思いをさせたくない」と黙っていましたが、しばらくして耐えきれなくなり、叔母さんの父(僕の祖父)に相談してみたところ
「嫁にも行かんで家に住まわせてもらってるくせにふざけたこというな」
「出て行きたいのなら出ていけ!」
と、叔母さんを突っぱねてしまいました。

それ以来叔母さんは部屋のことは何も話さなくなり、一日中妙に優しい顔で過ごすようになりました。
そして、そんな叔母さんの様子を見た祖母は、怪現象が収まったのだろうと思い、叔母さんに話を聞いてみると、
「いいえ、でも慣れたよ
最初は1人だったんだけどね
どんどん増えていってる」
「みんなでずっとあたしのこと見下ろしてるんだ」
「あははははははははは!」
と話し、普段の様子からは想像もできない不気味な笑い声をあげたそうです。

それから数日後、深夜に叔母さんの部屋から


ざっ・・ざっ・・ざっ・・と穴を掘るような音が聞こえてきました。
叔母さんの様子を見に行くと、叔母さんは

部屋中の畳を引っぺがし、不気味な笑みを浮かべながら、一心不乱に素手で穴を掘っていました。
​それを見た祖母は叔母さんを止めようとするが、叔母さんはやめようとせず、しばらく掘り続けた後に
あった…
とつぶやいて小さな日本人形を床下から取り出しました。
その後、叔母さんは人形を祖母に渡し笑顔で壁際まで歩いて行ったかと思うと、突然笑い声を上げながら、ゴンッゴンッと壁に頭を打ち付けました。
祖母は力づくで叔母さんを止めようとするが、叔母さんは人間の力とは思えない怪力で祖母を払いのけ、10分以上もの間頭を壁に打ち続け、最後は突然直立し、後ろ向きに倒れ込んでしまいました。


その後、騒ぎを聞きつけた祖父が救急車を呼びましたが、その頃にはすでに手遅れだったようで、医者の話によると、「自分一人でここまでするのは不可能なほどにいろんなところがぐちゃぐちゃになっている」とのことでした。


こんなやりとりがあり、娘を失って後悔した祖父はお寺の住職を頼って部屋を診てもらい、人形の供養を任せることにしました。
しかしやってきた住職は部屋に入った瞬間に嘔吐し、「絶対にこの部屋を使っては駄目だ!人形も持って帰りたくない」
「そんなものに中途半端なお祓いは逆効果だ」と言い、お祓いを拒否して帰ってしまいました。
また、住職の話によるとかつてこの部屋があった場所には、水子や幼くして亡くなった子供を祀る祠があったらしく、ものすごい数の子供の霊が溜まっているのだと言います。


その後、祖父母は人形を様々な方法で処分しようとしたが、どれもうまくいかず最終的に元の場所に埋め直し、部屋は丸ごと使用禁止にすることにしました。
そしてその一部始終を話し終えた祖母は
「埋め直してから人形はそれっきり」
「また出てこないといいけどねぇ」
と話を締めますが
じゃあ僕が見た人形は…

[実在する最強ハッカー]ゲイリー・マッキャノン

実在した最強ハッカー

ゲイリー・マッキャノン


元コンピューターシステム管理者であったイギリス人男性のマッキャノンは、2001年ごろから米軍のコンピューターシステムに入り込むようになり、米軍の超重要OSファイルを削除などし、ミサイルなどの機密情報を管理するシステムに数千万円にも上る被害を出しました。
これは1人の人間が引き起こしたコンピューター攻撃の中でも、当時では史上最大のものだったようです。
ちなみにマッキャノンの真の目的はこのように機密情報の削除ではなく、フリーエネルギーやUFOの情報を探ることだったそうです。
その後、マッキャノンの身柄は母国イギリスからアメリカへの引き渡しを巡るべく論争が行われたましたが、マッキャノンがアスペルガー症候群患っていることが判明し、身柄の引き渡しなどが実行された場合、自殺をしてしまう恐れがあったため、実行されなかったとのことです。

【悪質転売ヤーのメシウマ事件】スターバックス福袋事件

スターバックス福袋事件

2016年1月2日、東京都世田谷区内に存在する、スターバックス二子玉川ライズドッグウッドプラザ店で、108個販売されたところ、先頭に並んでいた男性5人組が、商品を全て買い占めるという騒動が起きました。
スターバックスの福袋には毎年限定のタンブラーやドリンク無料チケットやコーヒーの粉といったスタバアイテムがランダムに含まれており、店舗によってはビッグウェーブに乗りたい人たちが早朝から列を成す場合もあるほど人気の高い商品で、福袋の内容によっては、オークションサイトやフリマサイトでも高値で転売されることもあります。

そしてこの時福袋を全て買い占めた男性5人組はもちろん他のお客から反感を買い、ネット上でも大きな話題を呼ぶことになりました。
また、買い占め男の1人は、自身のSNSに購入した福袋108個を並べた写真を掲載して買い占め行為を自慢するのですが、この行為がさらなる批判を呼ぶことになり、一部のネットユーザーは遂に買い占め男たちの特定作業に乗り出しました。
その後、買い占め男たちのヤフオクアカウントが発見されたことで、いたずら目的の入札が相次ぎ、買い占め男たちは商品を売るに売れない状況に追い詰められていきました。
すると彼らはバラ売りで販売していた福袋アイテムをなんとか在庫処分しようと一袋丸ごと売ろうとするのですが、その頃には彼らが不当な転売ヤーとして多くの人々に認知されていたこともあり、ほとんど売れることはなく、最終的には半額以下で販売しても買い手がつきませんでした。

また、この一件があらゆるメディアで取り上げられるにつれて店側の対応にも批判が集中したことで、スターバックス側は翌々年の2018年から従来の先着順ではなくオンライン抽選での販売に変更したため、店舗に並んでも購入できなかったという泣き寝入り事例が解消されているようです。

【インターネット真相不明の闇深スレッド】唯一の友達の性癖が理解できない

2ちゃんねる闇深スレッド

唯一の友達の性癖が理解できない

このようなタイトルで立てられたスレでの内容ですが、友達が1人しかいない投稿者が友人の『飯田君』のヤバい性癖を見つけてしまい、友達をやめようか悩んでいる、と言った発言から始まります。
そして、その飯田くんの性癖というのが、異性の体には一切興味がなく、かわりに同性、異性関係なく、人の体液が好きで、ビンの中に人の体液を集めているという常人では理解できないものでした。
実際に投稿者自身も飯田くん本人から唾液が欲しいと体液を要求されたことがあったそうです。
そのメッセージアプリでのやりとりもスレに貼られています。

しかし、本当に恐ろしいのはこの後。

なんと、投稿者がこの書き込みをしてから、飯田くんにこのスレの存在がバレてしまいます。
そして怒った飯田くんは投稿者を監禁し、その様子をさらに書き込み始めたのです。
さらにその後、異常を感じた近所の女性が監禁場所に助けに行くのですが、返り討ちにあってしまい助けに行った女性と投稿者は激しい暴行を加えられてしまいます。
そして、暴行を加えている様子の画像もスレに貼られ、その様子はなんとも生々しいものとなっていました。
そしてさらに、投稿者は直腸に麻酔のようなもの注入される様子などもスレ上に貼られたいたそうです。
しかし、最終的に飯田くんはすべて釣りで、自作自演であった。と書き込んでいるのですが、あまりにも急に言いだしたので、本当に釣りだったのか、それとも逮捕されるのが怖くなって、逃げるためにあえて釣りということにしたのかは不明です。
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク
お問い合わせ