goo

犯人

【短編】1分でわかる未解決事件,加茂前ゆきちゃん失踪事件

加茂前ゆきちゃん失踪事件


1991年、三重県四日市で、自宅にいた当時8歳の加茂前ゆきちゃんが突如失踪しました。
失踪直後、次女が帰宅した際には、ゆきちゃんの飲みかけのココアは温かいままだったといいます。
ゆきちゃんはその日、友達から「遊ぼう」と誘われていたが、「約束がある」と断っていました。
ゆきちゃんが出かけるときいつも乗っていた自転車は家に置きっぱなしであり、いつも着ていた上着も部屋に置いたままであった。
自宅から15メートルほどにある四つ角で白いライトバンの運転手と話していたという目撃情報もあったが、有力な手がかりにはならず、時は過ぎていった。
そして、事件から三年後、自宅に謎の怪文書が届きます。
その内容はカタカナに漢字やひらがなが入り混じった文章で、謎かけのような表現が多く、わざと左手で書いたような読みづらい字になっていました。
その怪文書がこちらです。
IMG_0829

この怪文書は3枚にわたっており、冒頭は

ミユキ カアイソウ カアイソウ

おっカアモカアイソウ お父もカアイソウ

コンナコとヲシタノハ トミダノ股割レ トオモイマス

​という文章から始まります。
こちらに出てくる、トミダノ股割レとは、事件が起きた「三重県四日市市の富田地区の売春婦」を指しているのではないか?
また、文中に出てくる「アサヤン」とは「やーさん=ヤクザ」を指しているとも言われています。
登場する名前が、被害者の名前「ゆき」ではなく「ミユキ」であったり謎めいた部分が多いのですが、全文を読んでみると、なんとなく全体を想像できる気もします。

そしてこの怪文書が送られてきたあと、さらにしばらくして、「緒方達生」という人物から、一通の手紙が届きます。
「自分はダウジングが出来るので捜査協力をする」というもの。
ゆきちゃんの霊の協力のもと捜査をするということでした。
そしてその3日後に、また一通の手紙が届きます。
その内容は「ゆきちゃんの霊を邪魔する別の霊が現れたので、捜査に協力できなくなった」と言った内容でした。
それ以来不審な手紙が届くことはなかったといいます。
そして、2003年には、一家に不審な電話がかかってきます。
電話の主は男性であり、自分の体格や髪型などを述べたといいます。
その中には自分の髪型は「パンチパーマである」といった発言があったが、パンチパーマの男というのは、失踪当時の目撃情報で出てきた、白いライトバンの運転手の特徴と一致しており、この特徴は関係者にしか知らされていない事実だったそうです。

これらの手紙や電話は悪質ないたずらの可能性もあるので、事件と直接関係があるかは、わかりませんが、この事件はいまだに未解決のままである…

【短編】1分でわかる未解決事件,池袋・立教大生殺害事件

公訴時効を撤廃させた殺人事件

  • 1996年4月11日午後11時30分頃、JR池袋駅構内で、立教大生の小林悟さんが身長180センチ近いスーツ姿の男に絡まれ、口論になり、小林さんの頬を殴打しした。
  • その衝撃で転倒し後頭部を強打した小林さんは痙攣状態となる
  • 犯人はその後、山手線外回りの電車に乗り込み、逃走
  • 目撃者によれば男は30歳前後で、右目尻の下に3ヶ所の傷があった。ガッチリした体型で目つきの据わったような表情もしていた
  • しばらくして意識を取り戻し病院へ向かったが、容態が急変し、翌12日午前に転院先の病院で息を引き取る
  • 大勢の目撃者がいたにも関わらず逮捕に至るような重要情報までは得ることができなかった。
  • さらに、都会独特の無関心さや証言の曖昧さ、そしてなによりも監視カメラの映像がなかっことが、犯人特定への障害となる。
  • 後に父親が時効延長を求める活動を展開した。
  • 結果、殺人罪などへの公訴時効廃止を盛り込んだ「刑事訴訟法並びに刑法の改正」が発行・施行された。
  • しかし、遺族は12年4月16日に、捜査の終結を警視庁へ要望した。
  • 理由は新たな犯罪への対応を優先してほしい、というものだ。
無念を極めた被害者家族のこの行動は、未解決事件へのやりきれなさと虚しさが受けとれる事件である。

【短編】1分でわかる未解決事件,亀戸・女性漫画家殺人事件

亀戸・女性漫画家殺人事件

同人誌で人気だった漫画家を腐乱死体にさせた犯人

  • 事件の発覚は異臭だった。
  • 2000年9月午後1時ごろ、東京都江東区亀戸6丁目のマンションの一室を国税調査員が訪れた。
  • 玄関の鍵はかかっておらず、換気扇から異臭がすることを不審に思い、犯行が発覚した。
  • 被害者は吉田陽子さん。同人誌を中心に人気があった漫画家だ。
  • ベッドの上で首を締められており、Tシャツのみという半裸の状態だった。
  • 部屋から10日前のレシートが出てきたことや、遺体の腐乱が進んでいたことから、死後かなりの時間が経っていることが推測された。
  • また、現金300万円も室内にあったが、手がつけられてなかった。
  • そのため強盗の線は消え、怨恨説や、被害者が“美人"漫画家であることからストーカー的なファンによる犯行も囁かれた。
  • その後テレビでは、霊視と称する人物の捜査も行われたが、結局アテにならず、事件から16年近くたった今も犯人の存在は闇に包まれたままだ
5005

タグ絞り込み検索
スポンサードリンク
お問い合わせ