goo

サイコパス

【実在したサイコパス】セオドア・カジンスキー

天才サイコパス!

セオドア・カジンスキー

1942年アメリカイリノイ州出身のカジンスキーは、IQが160もあり、神童と呼ばれるほどの天才で、わずか16歳でハーバード大学に入学し、25歳でカリフォルニア大学の准教授にまでのぼりつめました。
この時のの専門分野は数学だったそうです。
しかし、カジンスキーは「産業革命は絶対悪である」という価値観のもと、現代社会のテクノロジーの発展に異常なまでに嫌悪感を抱いていました。
そして、悩んだ末に二年でカリフォルニア大学の准教授の座を捨て、電気や水道のない小屋で自給自足の生活を始めることにしました。
そして、1978から1995年にかけて、大学教授をターゲットとして、爆弾入りの小包を郵送するようになり、これにより3名が死亡、23名が負傷しました。

この小包には数学的な暗号が同封されていましたが、専門家の頭脳を持ってしても解読することが出来ず、ついにはFBIも動き出し、「UNABOM」といったコードネームがつけられ、メディアにはこれに習い、カジンスキーは「ユナボマー」と呼ばれるようになりました。
しかし、17年もの間、爆弾魔の正体を掴むものはいませんでした。

しかし、1995年にあることがきっかけで逮捕に至りました。
そのきっかけというのは、カジンスキー本人が新聞社に送った声明文であり、テクノロジーを嫌っていた彼は、この声明文を手書きで書いていたため、筆跡を見た彼の親戚が感づいたのだとか。
こうして、天才サイコパス
カジンスキーのユナボマー生活に終止符をうつことになったのです。

【短編】実在した本物のサイコパス,ロドニーアルカラ

実在した本物のサイコパス

ロドニーアルカラ

アメリカテキサス州出身のロドニーは、1977年から1979年の約2年間の間に8人の女性を殺害した。
ただし、8人というのはあくまでも判明している人数であって、実際には50〜100名は殺しているともいわれています。
ロドニーは殺人鬼である反面、様々な分野で才能を発揮しており、IQは160もあり学業成績はトップクラスであり、また芸術活動でもその才能を輝かせていたものとか。
そして、才能に満ち溢れていたためか、常人では理解のおよばない行動をとっていました。
ロドニーは殺人を行なっていた間にテレビにも出演していました。
その番組では、出演女性が何名かの男性の中から1名をデートに誘うといった恋人探し番組であり、ロドニーは出演女性によって選ばれることになりました。
しかし、その女性は偶然にもロドニーの別室での会話を聞き、気味の悪さを感じ最終的には断ったそうです。
結局ロドニーは逮捕され、2010年に死刑判決がくだされました。

【短編】実在したサイコパス,メアリー・フローラ・ベル

実在したサイコパス

メアリー・フローラ・ベル

1968年5月28日にイギリスで少女が4歳の男児を絞殺したという事件が発生しました。
その犯人である少女というのが、メアリーであった。
しかしメアリーは当時10歳であり女性だったということもあり、力も弱かったため首を絞めた痕は残らず、突然死として処理されました。
正常な心理の持ち主であれば、証拠が残らなかったことをよしと思い逃げ切ろうと思いますが、メアリーは殺害された男児のいた保育園を荒らし、自分が犯人であると突き止められなかった警察に対し挑発的なメモを残した。
その内容は、
「わたしがころした。だからまたやってくる」

それだけにとどまらず、殺害された男児の遺族をあざ笑ったり、犯行現場を絵に書いたりあからさまに自分が犯人であることを主張していたが、メアリーには異常なまでの虚言癖があり、10歳で殺人を犯した事例もなかったため、メアリーが本当に犯人であると思った人間はほとんどいなかった。
しかし、最初の犯行の約2ヶ月後の7月31日に自分が犯人であることを突き止められなかったことにしびれを切らし、再び3歳の男児を絞殺し遺体にはメアリーのイニシャルであるMの文字を刻んだ。
この事件では殺害された男児の首から若干の絞殺痕が残っており、少年犯罪の可能性が浮上し、メアリーが犯人であると疑われ最終的に逮捕に至った。
メアリーは1980年に出所していますが、様々な名言を残しており、どれも狂気に満ちたもばかりで、現在もその名を世界中に轟かせています。
そのメアリーの名言というのがこれ
「殺人はそれほど悪いことじゃないわ。人は誰でもいつかは死ぬんだもの」
「大きくなったら看護婦になりたいわ。人に針が刺せるもの」
「首を絞めるとどうなるかな?死ぬのかなぁ」
などと、10歳の少女が平然と言ってのけるのだから恐ろしい。

元夫を銃殺、遺体を切断したサイコパス美女エスティバリス・カランサ

エスティバリス・カランサは、その美貌で有名になったオーストラリア出身の女性殺人犯だ。
夫を殺害したうえに遺体をチェーンソーでバラバラに切断したというから恐ろしい。

1978年生まれの彼女は、夫とウィーンでアイスクリームショップを経営していた。
経営は順調だったのだが、夫婦間は非常に仲が悪く、しょっちゅう喧嘩をしていた。
話し合いで離婚は成立したが、夫が家から出ていかない。
退去命令もはぐらかし無視。
怒り心頭だった妻は、パソコンに夢中だった夫を後ろから銃殺、その遺体をチェーンソーでズタズタに切り刻み、植木鉢の下に埋めた。
解体作業中はアイスクリームの機械を作動させていたという。チェーンソーの音を誤魔化すためだ。
そのせいか、周りには夫は離婚して家を出ていったと思われ、事件が発覚することはなかった。
夫の殺害後、カランサは営業マンとして店に出入りしていた男と付き合い始める。
男は20歳ほど年下のカランサを溺愛し、束縛する。
それをうとましく感じた彼女は、10年、またもや殺人を犯す。
手口は前回と同様、銃殺し、チェーンソーでバラバラにするというもの。
犯行後彼女はすでに白骨化した元夫の遺体を植木鉢から取り出すと、恋人男性の死体と一緒に店の地下貯蔵室へ運び、コンクリートを流し込んで隠した。
事件が発覚したのは1年後。
カランサに店の改装工事を依頼された業者が、地下貯蔵室に不自然にコンクリートで埋められた場所があることに気づき、警察に通報したのだ。
そして、その中からバラバラの腐乱死体と白骨死体が見つかったのだ。
逮捕されたカランサには終身刑の判決が下ったが、事前に行われた精神鑑定で「サイコパスで非常に危険。人格障害の兆候もあり、適切な治療を受けなければ再び殺人を犯す可能性が高い」と診断され、現在、精神病院に収監されている。
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク
お問い合わせ