goo

1分でわかる未解決事件

【短編】1分でわかる未解決事件,赤城神社主婦失踪事件

謎が多すぎる神隠し!

赤城神社主婦失踪事件


群馬県前橋市に在中する赤城神社で、境内にあるツツジを見物しに家族と共に千葉県からやってきた、志塚法子さんが、赤城神社内で忽然と姿を消すという、神隠しとしか思えないような失踪事件が1998年に発生しました。
ゴールデンウィーク期間だったということもあり、多くの参拝者や観光客が赤城神社に訪れていたそうなのですが、事件発生時はあいにくの雨だった為、ツツジ見物中止になり、法子さんの夫と祖父だけが神社に参拝しに行くこととなったそうです。
法子さんは当初、車で待っていたのですが、数十分後に突然、賽銭をあげてくると一緒に待っていた家族に言い残し、財布から「101円」を取り出し車を降りたそうです。
その時の時刻はお昼の12時ごろで、法子さんは遠くからでも目立つ赤い傘をさしながら神社の参道を登って行ったのですが、その後車に戻ってくることはありませんでした。
しかも、道中で夫や祖父とすれ違うことはなかったらしく、そのうえ車で待っていた法子さんの娘が、何故か境内とは全く違う場所でたたずむ法子さんを目撃しているのですが、一瞬目を離して再び視線を戻した時には法子さんは姿を消していたのです。
その後、家族はすぐに群馬警察に通報を入れると、赤城神社周辺で、法子さんの捜索活動が開始されるのですが、100人規模で10日間も捜索が行われたにも関わらず、法子さんの発見には至らないどころか、手がかりすら掴むことが出来ませんでした。
また、事件発生時は雨にも関わらず、境内は大勢の参拝客で賑わっていたため、法子さんの行方につながる有力な目撃情報が得られると期待されたが、捜索が進展するような情報を得られることはできず、法子さんの捜索は打ち切られてしまいます。
そして、のちにとあるテレビ番組でこの事件が取り上げられた際に、ある家族から当時境内で撮影されたホームビデオが提供されることになります。
その映像には、法子さんらしき姿が映っていたのですが、家族が確認したところ、本人ではなかったそうで、番組ではこれ以上の情報は出てきませんでした。
また、法子さんの失踪後家族の住む自宅に無言電話が何度もかかってきたらしいのですが、現在まで犯人がかけてきたものなのか、それともただのイタズラだったのか、はたまた法子さん本人がかけてきたものなのかは分かっていません。
そして、失踪から10年後の2008年に法子さんには失踪宣告がなされ、法律上死亡したものとみなされることとなりました。

神隠しとしか言えないような不可思議なこの事件ですが、昨今では法子さんは駆け落ちしたのではないか?という突拍子もないこともささやかれているそうです。
ちなみに、テレビ番組内で超能力者、ゲイル・セントジョーン氏による捜査が行われたのですが、彼曰く彼女は亡くなっているとのことでした。
真相は闇の中です。


【短編】1分でわかる未解決事件,アイリーン・灯台事件

世にも不思議な失踪事件!

アイリーン・モア灯台事件

フラナン諸島最大の島、アイリーン・モアの灯台で、1900年12月に灯台主として常駐していた、3人の男がなんの痕跡も残さず突如として失踪するという不可思議な事件が発生しました。
アイリーン・モア周辺の海はとても荒れやすく危険であったため、近海を航行する船の安全を確保することを目的に1899年に灯台が建設される。
それから約一年後に近海を航行していた船が現在地を確認するため外に出たところ、アイリーンモアの灯台のランプが消えていることに気づいたため、船員たちは島と連絡を取ろうとしまます。
ですが、島からは一切の応答がなかったらしく、船員たちはそれを不審に思ったものの、特に灯台内の調査などは行わなかった。
そして、それから10日後に食料や生活必需品などを積んだ補給船が島に上陸するのですが、その時灯台内にいるはずの男たちは誰一人として姿を現さなかったそうです。
そこで、男たちを見つけるため捜索が開始されるのですが、残念ながら見つけ出すことが出来ず、そのかわりに暴風雨の痕が見つかり、道具箱が紛失していた為、作業中に海に転落し水死したと結論づけられるようになります。
ですが、ライフベストなどの救助道具などが一切手付かずの状態で残されていたため、3人のうちの誰かが2人を殺害し失踪したのではないか?と、現在では考えられています。

ちなみに、この失踪事件と関係があるかわかりませんが、アイリーンモア島には侵入者を歓迎しない妖精がいるという伝説が残されているそうです…

【短編】1分でわかる未解決事件,謎のポラロイド写真

カメラを不安げに見つめる若い女性は誰?

5005

全米の数ある未解決事件の中でも極めて不気味とされるのが、ここに掲載した「謎のポラロイド写真」を巡る失踪事件である。

事の始まりは1988年9月。
ニューメキシコ州に住む当時19歳の女子大生、タラ・カリコがマウンテンバイクで家を出たまま姿を消す。
失踪する理由は何もなかった。
警察が捜索したところ、複数の人々が自宅から約32キロの地点で自転車に乗ってる彼女を見ており、キャンピングカーをけん引した1953年型フォードトラックが彼女の後をぴたりと付いていたことが判明した。
が、それ以上の情報は何も得られなかった。
失踪から一年弱が経過した89年夏、フロリダ州の食料雑貨店で、買い物客の女性が駐車場に一枚のポラロイド写真が落ちているのを見つける。
手を縛られ、口にガムテープを貼られた10代にしか見えない少女と若い男の子。
ワゴン車の後部スペースのような場所に乗せられた2人は不安げな表情でカメラを見つめていた。
捜索願を出していたタラの母親は、警察からこの写真を見せられ、少女が娘だと確信する。
髪、目、皮膚の色合い、右足の傷、映っている本。
全てがタラに繋がっていた。

この不気味な写真は複数のテレビで公開された事で全米中の注目を集める。
が、捜査機関の見解は母親とは異なった。
FBIは、判断不可能。
米国ロスアラモス国立研究所は「写真の女性とタラは別人」と結論づけている。
また写真の男の子は98年4月に、姿を消したニューメキシコ州のマイケル・ヘンリーではないかと憶測され、タラとマイケルの両親が共に捜査官に会ったが、90年にマイケルの遺骨がキャンプ場付近で見つかったことで、警察は彼が山で道に迷い、死亡したと結論づけた。

果たして、写真の女性はタラなのか。
本人であるとすれば、今彼女はどこにいるのか。
それとも、もうこの世にいないのか。
彼女の両親はすでに他界しているが、親戚は現在もネットを介し、何千人もの人々にタラ発見の協力を仰いでいる。


【短編】1分でわかる未解決事件,千葉・女子中学生誘拐事件

深夜のパトロールと称し美少女を連れ去った中年男

千葉・女子中学生誘拐事件

  • 近所でも評判の美少女だった佐久間奈々さんが、1991年10月27日午前0時過ぎ、同級生4人とコンビニで買い物した帰り道、身長155センチほどの小柄な中年男に呼び止められた
  • 男は夜間パトロールをしている指導員となのり、「こんな夜中に子供たちだけで出歩いちゃダメじゃないか」と威圧した
  • 男は奈々さん以外の同級生を帰るように言い、彼女だけを脇の細い道の方へ連れ去った
  • 現場は民家が点在しているが、夜になると人気がなくなる寂しい場所だった
  • その日の午前1時ごろ、通りかかった車の運転手が奈々さんと男の姿を目撃
  • そのあとも住宅地を午前4時ごろ、2人が歩いていたという目撃証言も出たが、それ以降、奈々さんの足取りはぷっつりと途絶えてしまう
奈々さんを連れ去った男は、その後どこへ消えたのか、時間からすでに29年の歳月が過ぎ、彼女は42歳になる。
今も千葉県警のホームページには情報提供を求めるポスターがアップされているが、奈々さんだけが当時の姿のまま、どこか悲しげな表情でこちらを見つめている。

【短編】1分でわかる未解決事件,東京駅コインロッカー死体遺棄事件

東京駅コインロッカー死体遺棄事件

2015年5月31日、JR東京駅丸の内改札近くのコインロッカー内で遺体が発見された。
管理会社の点検記録から4月26日午前8時から同9時40分ごろの間に何者かが遺体の入ったキャリーバッグを入れたとみられてる。

  • 東京駅丸の内改札内のコインロッカーから、70歳以上と思われる高齢女性の遺体が、放置されたキャリーバッグの中から見つかった
  • 女性は身長140センチぐらいで痩せ型、ベージュのカーディガンを着ていた
  • 警察は司法解剖をしたが、死因を特定することは出来なかった
  • 殴打や窒息など外部から加えられた暴行は認めることはできず、殺人事件の可能性は低いという結論に至った
  • スーツケースに鍵がかかってないことなどからも、隠蔽工作をしたという点も考えづらかった
  • 警視庁丸の内署は女性の似顔絵やキャリーバッグなどの写真を公開して、情報を募ったが、現在も有力な手がかりは得られていない
タグ絞り込み検索
スポンサードリンク
お問い合わせ