goo

御朱印

諏訪大社✖️武田信玄

諏訪大社✖️武田信玄

​武運長久の加護に感謝し、信玄が篤い信仰を寄せた日本最古の神社

5005

長野県諏訪市
​御朱印あり
​​御祭神
  • ​建御名方神(たけみなかたのかみ)
  • 八坂刀売神(やさかとめのかみ)
​[住所]
(上社本宮)  長野県諏訪市中洲宮山1
(下社秋宮)  長野県諏訪郡下諏訪町5828

[交通]
(上社本宮)  中央自動車道[諏訪IC]より車で約5分
(下社秋宮)  中央自動車道(岡谷IC)より車で約12分

​深い縁で結ばれていた武田信玄と諏訪大社

​永禄11年(1568)、武田信玄は駿河に向けて1万2千の軍を率いて出兵した。

「海道一の弓取り」との異名を持っていた今川義元が桶狭間の戦いで死去すると、今川領であった駿河の統治は揺れに揺れていたからだ。

信玄は相模の北条氏康に今川領の分割を提案していたが、かねてより今川氏と親交のあった北条氏はこれを拒否。

信玄は徳川家康と組み、今川氏真と対峙した。

信玄は今川家臣団に対する離間の計略を成功させ、今川家臣団から21人もの武将が離脱。

これをうけて今川軍は戦わずして撤退を余儀なくされた。

しかし、このとき氏真の正室であり、北条氏康の娘であった早川殿は徒歩で退却せざるを得ないひっ迫した状況に置かれ、これに氏康は激怒。

武田氏と結んでいた甲相同盟を破棄し、対立姿勢を強めていった。

北条軍は今川軍の要請を受け、すぐに援軍を派遣。
屈強な北条軍を前に、武田軍は興津などで敗戦。
さらに、手を結んでいた家康が武田との関係を手切りにして撤退した。
その際、家康は武田軍の撤退中に駿府を占領し、掛川城に籠城していた氏真を無血開城させた。

これは、徳川氏と北条氏が内通していたからで、両氏はすぐに同盟を締結。
武田軍は勝利を目前にして、家康の裏切りによって駿河奪取に失敗することになる。

駿河攻略は、信玄が悲願の上洛を果たすために重要な使命であった。

そのため強力な北条軍を敵に回しても必勝を期さねばならなかったのだ。

​永禄12年(1569)には、第二次、第三次と二度にわたって駿河に侵攻。
北条軍と激戦を交わしながらも翌永禄13年(1570)に駿河を支配下に置くことに成功したのだった。

東国の情勢を大きく変えたことで戦国時代に多大な影響を及ぼした信玄の駿河侵攻だが、この結果により信玄は上杉、織田、徳川という勢力に取り囲まれることとなり、その後は苦境に立たされることになった。
いわば歴史を変えたひとつの転換点であった。

そんな重要な一戦を前に、信玄が戦勝を祈願した神社こそ諏訪大社・上社である。
第三次駿河侵攻に出撃する直前となった1569年11月9日。
信玄は起請文を捧げて、見事に駿河奪取に成功したのだった。

諏訪大社は、諏訪盆地に上社と下社が設けられ、二社四宮の境内が鎮座する。
鎮座の年代、起源等については諸説あるが、日本最古の神社のひとつだとされている。
平安時代末期に編さんされた『梁塵秘抄』という歌集の中で「関より東の軍神、鹿島、香取、諏訪の宮」とうたわれているように、古くから軍神として崇敬を集めた。

古来から人々の篤い信仰を集めてきた諏訪大社に対しては、信玄も重視してたびたび寄進を行なっている。
その証拠に、信玄のトレードマークともなっている兜は「諏訪法性兜」と呼ばれ、諏訪大明神の加護を受けたとされるものだ。
そればかりか戦いに用いた軍旗には『南無諏方南宮法性上下大明神』と記されてもいた。
また、あくまで伝承ではあるが、信玄は「自分が死んだときは遺骸を諏訪湖に沈めてほしい」とも語られている。
それほど、信玄の諏訪大社に向けられる信仰は篤かったといえるだろう。

諏訪大社には、信玄が送った願文も多数残されており、その加護と武運長久に対する感謝の念がとうとうと綴られている。
信玄がこれほどまでに諏訪大社を崇めたのは、家臣団の団結を高めるためだったともされている。

ただ、諏訪地方の周辺を治めていた諏訪氏と武田氏は長い間対立し、最終的に武田氏が治めるようになった。
その際、諏訪家の娘(諏訪御料人)は信玄の側室となり、のちのち武田勝頼を産んでいる。
史料が少ないために信玄と諏訪の関係がいかなるものだったのか定かになってはいないが、深い縁で結ばれていたことは間違いない。

信玄が諏訪大社を神聖視するのも当然といえるかもしれない。
IMG_20200308_003532
IMG_0636

伏見稲荷大社✖️豊臣秀吉

伏見稲荷大社✖️豊臣秀吉

天下統一を果たした秀吉が信仰を寄せた稲荷信仰の総本社

IMG_0615
京都市伏見区
​御朱印あり
​主祭神
  • 宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)
  • 佐田彦大神(さたひこのおおかみ)
  • 大宮能売大神(おおみやのめのおおかみ)

[住所]
京都府京都市伏見区深草藪之内町68番池
[交通]
JR奈良線[稲荷駅]よりすぐ。阪神高速[上鳥羽出口]から車で約10分。

​外国人をも魅了する伏見稲荷大社の成り立ち


​外国人が選ぶ日本の観光スポットランキングで5年連続第1位に輝く伏見稲荷大社。
「奥宮」から「奥社参拝所」への山道に設けられた千本鳥居が人気を博している。
IMG_0616
その実数は、現在約850基だと言われている。
これほど鳥居が増えたのは、江戸時代に商売繁盛などを願った市井の人々が奉納したことによるという。
明治時代には約600基の鳥居が確認されている。
こうした習わしが現代にまで受け継がれ、その鳥居は今も増加の一途を辿っているそうだ。
実は、伏見稲荷大社の由来や縁起について謎が多く、社殿の建築やその推移については判然としていない。
なぜなら伏見稲荷大社は応仁の乱で、文字通り灰燼に帰していたからだ。
京都は応仁の乱の被害が最も大きかった地域で、伏見稲荷大社もその例外ではなかった。
社殿のみならず、その記録さえも全て燃え尽きてしまったようで、それ以前の歴史を知る史料は、ごくわずかな記録などから辿るしかない。

その記録をたどると、明応元年(1492)〜明応8年(1499)年に至るまで修繕がおこなられたことが分かっているが、上社・中社を復興しないままに下社の周辺のみを復興したため、かつて上社・中社がどこにあったのかは判別が難しくなってしまっている。
謎多き伏見稲荷大社だが、その隆盛に豊臣秀吉が深く関わっていることはご存知だろうか。

​生母の大病平癒を祈り稲荷信仰を深めた秀吉


​永禄元年(1592)、天下統一した秀吉は、伏見の指月(現・伏見区桃山町周辺)に指月伏見城を建設。
永禄3年(1594)に居城すると、伏見区一帯を城下町として整備した。
伏見城の原型は、秀吉が天正19年(1591)に京都における政庁聚楽第を豊臣秀次に譲った際、自らが隠居するための屋敷であった。
もともと指月周辺は平安時代から観月の名所と知られており、秀吉は一帯を散策するなり、すぐに城下町の整備を指示。
工事は急ピッチで進められ、伏見には多くの大名や町民たちが移住してきた。
伏見稲荷大社は深草地域であり、伏見築城から直接はうけていないものの、すぐ近隣に太閤と呼ばれた秀吉の城下が出現したことで受けた恩恵は大きなものがあったと考えられている。
また、当時の門前には伏見周辺の物流の中心であった伏見街道が走っており、そんな地理的条件もプラスに働いていたはずだ。
秀吉の伏見入城によって、伏見稲荷大社の信仰はまたたく間に全国へと広がっていった。
そして、秀吉本人も稲荷信仰に深い崇敬を寄せたという。
名のある武家の出身ではなかった秀吉は氏神や代々の信仰といった観念が希薄だあったが、稲荷信仰だけは別であった。
伏見稲荷大社のご利益は出世開運や商売繁盛といった現世の招福に関するものが多い。
これは秀吉の思考に近しいものであり、さっそく邸内に稲荷社を勧請している。
さらに、天正16年(1589)には、秀吉の生母である大政所の大病平癒を伏見稲荷大社に祈願。
この願いを叶えてくれたなら一万石を寄進すると申し出た。
伏見稲荷大社はおおがかりな祈祷を執行し、伏見稲荷大社ひの信仰を深めた秀吉は本格的な修復に当たったという。
現在の楼門は、その際に建立されたものである。
日本が世界に誇る伏見稲荷大社は、天下人の多大な貢献によるところが多い。
IMG_0613
FullSizeRender







神社の由来 神田神社✖️徳川家康

神社の由来 神田神社✖️徳川家康
東京都千代田区
​御朱印あり
御祭神
  • 大己貴命(おおなむちのみこと)
  • 少彦名命(すくなひこなのみこと)
  • 平将門命(たいらのまさかどのみこと)
【住所】
東京都千代田区外神田2-16-2
【交通】
JR中央・総武「御茶ノ水駅」より徒歩5分。
首都高「神田橋出口」より車で約10分

家康を関東に結びつけるさまざまな奇縁の中心にある神社

関ヶ原の戦いの前に家康が戦勝祈願をした神社
IMG_0600

神田明神の愛称で親しまれている神田神社。
特に受験や就活など、人生の節目を迎えた人々は勝負事にご利益があるとされ「勝守」を授かっていく。
神田神社の「勝守」が、特に信仰を集めるのは徳川家康が天下分け目となった関ヶ原の戦いの前に、戦勝祈願をしたからだ。
ご存知の通り、家康はこの戦いに勝利し、天下泰平家を築いた。
あまりにも有名なエピソードであるが、なぜ家康が神田神社で戦勝祈願を行ったのか、その理由は語られることは少ない。

寛政5年(1793)に記された【神田大明神御由緒】には、次のような文言を見ることができる。
「権現様(徳川家康)御八代の御先祖、世良田次郎三郎親氏らが武州江戸・神田社の神前にて開運の御祈祷を行った。
通夜にて祈っていると、夢にて梅の木の枝を授かり、この花の数ほどの子孫を経てのち、御開運あるべしとの夢のお告げがあった」

つまり、家康の先祖が神田神社で祈り、その子孫が家運を開くという意味であった。
別の伝承では、徳阿弥と称した親氏が神田明神に参拝したところ、還俗(僧が僧籍を離れて、俗人に戻ること)して、徳川家を起こせと夢で告げられたとも伝えられている。


関東の地で力を蓄えた家康が神田神社を崇敬した理由
家康といえば、三河・駿河にかけて勢力を拡大した松平家で知られているが、その先祖を辿っていくと、世良田家に行き当たる。
世良田氏は、鎌倉時代に清和源氏の新田氏から分かれた上野国(群馬県)世良田郷の豪族であった。
世良田氏が松平を名乗るようになったのは、先述した親氏が三河松平郷の在原信重の婿になったことから始まったとされる。
歴史的には、豊臣秀吉に疎まれた家康が関東に左遷されて江戸を開発したと思われがちだが、実は家康にとって、関東の地は自らのルーツとなる地への帰還だった。
ちなみに、徳川という姓は上野国新田荘の郷名に由来にしている。

関東にも数多ある名社のなかでも、家康が神田神社を深く信仰したのは、ここに祀られる平将門にあやかったものではないかという説がある。
大手町に現存する「将門の首塚」は、神田神社の旧社跡に残されていたものでもある。
平将門は歴史的に逆賊として捉えれられがちではあるが、関東では平安時代から江戸時代に至るまで軍神として崇められていた。
有力氏族として地名に名を遺す千葉、秩父、江戸、豊島、川越、加西、渋谷らの諸氏は、将門の後裔を称していた。
これは、神田神社が関東の総鎮守と呼ばれる由縁でもある。
また、家康が関ヶ原の戦いに勝利した日には、神田神社の祭礼日にあたる9月15日であった。
当然のことながら天下分け目の決戦に勝利した家康は、神田神社を特に崇敬するようになった。
社殿や神輿などが寄進され、徳川家縁起の祭りとして、「神田祭」が行われるようになった。
IMG_20200227_235526
このとき将軍上覧のために山車が江戸城に入ったので、別名「天下祭」とも呼ばれている。

このように、神田神社と家康は奇妙な縁で結ばれており、その由来を残す「勝守」が今も広く市井の人々に受け入れられているのもうなずける。
FullSizeRender


タグ絞り込み検索
スポンサードリンク
お問い合わせ